■スタッフ感謝祭の成功事例

2016/12/07

忘年会のこのシーズン。

歓送迎会や慰労会など、通常の飲み会の機会は割と作れるもの。
だったら、忘年会のこの機会くらいは趣向を変えたい。
そんなご相談をよく受けます。

そこでご提案するのが【スタッフ感謝祭】です。

年に1回は、院長からスタッフへ、スタッフ同士が
感謝を伝え合う場を作るのです。

2016年12月3日(土)。
リッツカールトンホテル大阪において、
とある医療法人の感謝祭に参加してきました。

img_0895

こちらの感謝祭は既に5年目(5回目)。
今ではプログラム全てスタッフさんが企画運営して下さっています。

リッツカールトンで開催しているのは、
一流の医療・サービスを提供するスタッフさんには、
定期的に一流のサービスを体験してほしいという願いからです。

img_0897

・院長からの挨拶&労い
・ゲームなどの余興
・来年の法人目標や取り組みの発表(共有)
・スタッフ同士で感謝を伝え合う仕掛け
・スタッフ表彰
・年間をまとめたムービー

一人ひとりのスタッフが主役になれる場を作っていきます。
スタッフさんのご家族も参加OKなので、
スタッフさんの日頃の頑張りを子ども達や旦那さんや前で讃えることができます!
(そしてご家族へ、日頃の協力に感謝を伝える事もできます。)

医院経営において、スタッフへの感謝はもちろん、
スタッフさんのご家族と良好な関係を築くのはとっても大切なことです。


テーブルにあるネームカードの裏には、リーダーから手書きのメッセージが
img_0900

たくさんの「ありがとう」が飛び交う一日。
その雰囲気も格別です!
こんな温かく前向きな雰囲気で一年が締めくくれたら最高ですね。


スタッフ感謝祭。
良い医院経営、組織づくり・良いチーム作りをお考えの
院長先生にはぜひおススメです!